テラスハウス軽井沢編【第2話】のネタバレと感想!安未の大学の友人が最高!ディスりまくる相手とは?

「TERRACE HOUSE OPENING NEW DOORS」も第2話突入です。この記事では、テラスハウス軽井沢編のネタバレと感想を書いていきます。

軽井沢のテラスハウスに来て、共同生活を始めた個性的な男女6人。お互いを探りながらの展開ですね!第二話では6人の素顔が段々明らかになってきました。

今回は安未の大学の友人が出てきて、メンバーをディスりまくるのが面白かった…!第2話もエピソード満載です♪

それでは、2話のネタバレへGO!

雄大の作った野菜スープのお味は?

AM8:00、雄大が台所で朝食を作っている。雄大の料理している様子から。玉ねぎを持つ手は猫の手のように丸めて、フライパンで野菜を炒めている。料理人らしく意外と上手で、普段の会話とのギャップを感じます。(このくらいは当たり前かw)

みずきが起きてきて、雄大が作っているのを見て「すごい!」と。

雄大が「もうみんな起きてる感じですか?と聞くと、みずきが「つーちゃんは、まだ寝てる。・・・安未ちゃんは今頑張ってお化粧してる。」と言う。

雄大「スッピンが見たかったんだけど・・・」
みずき「昨日見てなかったんだ。全然変わんなかったよ。」と返す。
雄大「これで超ブスになったら超面白いんですけどね」
みすき「それを期待してたんでしょ」
雄大「めっちゃいじろうと思ってた」と、安未に気があることがバレバレの発言。

そこへ貴之、続いて安未が黒のスーツ姿でやって来る。安未は黒いリクルートスーツで決めている。
「キャリアだ、キャリアだ」と雄大に言われ、「今日は経済産業省に行くから、経済学部だから」と安未。
雄大が野菜スープを入れて、「持って行ってください。マジ美味しくないかも」と、貴之が「えっ、美味しくない?」と返す。
みんながスープを飲むのを見て雄大が「薄くないですか?」と聞くと、みずき「うん、美味しい。ちょっと薄い」、安未「ちょっと薄いけど、美味しい」、貴之「優しい味って感じ」と貴之の言葉が優しい。
結局、みんな味が薄くてもう少しパンチが欲しいということですよね。何せ大きな鍋に具材が少ないのが、画面でも見てとれます。水が多すぎたのでしょうね。味見をしたのかと雄大に聞いてみたくなります。
まあ、でも薄味は体にはいいので、この雄大の味に慣れるというもの、みんなの健康のためにはメリットありかも。(笑)大丈夫か未来の料理人www

 安未は友人と3人でランチし本性が!

大学の友人三人とランチする安未。みんな経済産業省に行くということで、スーツ姿です。

安未は同居の3人をスノボー31歳、料理人19歳、モデル22歳と紹介。

「世間的には超普通に多分イケメンなんだよ。みなさん。・・・安未的には違った。・・・終わった。」

と言う安未は、友人に「帰って来い」と言われるが「まだわかんない」と含みを残す。
ここですでに、初対面では好みの男性はいないと断言する安未。自分に自信があるのか、妥協はしないということなのか…。

雄大の朝ごはんのスープを「美味しかったんだけど、本人も言ってたけど薄かった」と。薄かったんでしょうね。
友人が「料理人の道は長いみたいな。・・・薄いと思うなら初めから濃くすればよくない?」とすかさず歯に衣を着せないストレートな発言に、つい笑ってしまうのは私だけ?

次に夕食の鍋も安未はバッサリ!水炊きの食べが気に入らなかったようで、味付きの鍋が良かったの安未は・・・でも水炊きにしようみたいになって・・・マジかよと思って・・・」

なんで文句言わなかったのかと聞く友人に、「31歳がどう?みたいな、水炊きでどう?みたいになって嫌とは言えなかった」と安未。「何でそこで料理人に任せないで31歳が出しゃばったの?」という友人。

「軽井沢にいる安未は、まだ安未じゃない。安未じゃないんだ」

と本人は言っていますね!早く本当の安未を見てみたいですねー!安未の友人、バサバサ切っていく感じがいいですね。山ちゃんも毎回出て欲しいと言ってました。女子大生3人は、このドラマのスパイスになりますね。(笑)

雄大の愛人?発覚‼

テラスハウスでの夜、リビングのテーブルに全員が集まっている。明日ランチに行く話をしているときに、つば冴が仕事とホッケーの練習から帰宅。

そこで至恩が切り出す。「つーちゃん、お友達会ってないよね?雄大のお友達っていうか、何だっけ?関係は?」と言うと「愛人」と雄大。みずき、安未が「愛人⁈」と声をそろえる。貴之が追い打ちをかけるように「2人も・・・」と驚く。
さすがにつば冴が「待って、どういうこと?」と口をはさむ。

至恩が「隅に置けないよね」と言うと、貴之が「パンダのぬいぐるみなんだけど・・・IKEAの、それをちゃんと枕もとのこっちとこっちに置いてあって・・・」

至恩「寝返り向いてどっち向いても、かわいい顔があるっていう・・・」
つば冴「ヤベー、今想像しちゃった(笑)」
至恩「たまにチューしておやすみするらしい」
貴之に「どう思う?」と聞かれ、「えっ、正直に?・・・気持ち悪い」と安未。

まるで誘導尋問。それを言わせたかったかのような男性陣。

「かわいいよ2人とも」と至恩に言われ、同調する雄大。安未を見て「バカにしてるでしょ!」と言うと「してないよ!」と安未。

これは、バカにしてるというより、あきれているといった反応かな?

「かわいいとかじゃなくて、安心するんですよね。単純に。」と言う雄大。

母親を亡くして十分にスキンシップできなかった、愛着行動の1つなのか?と雄大に興味が湧いてきました!

料理人雄大の思い

貴之が、何で料理人をめざすことになったのか雄大に聞きます。

「どの世界に行っても通用すること、料理だったらどの国でもできるし」と雄大。

今度は至恩がどうして専門学校をやめたのか聞くと、「アルバイトを3つ掛け持ちして寝れなくなり、学校か現場かどっちを選ぶのかすごく悩んだ。現場のほうが向いていて、しごかれようと思い学校をやめた。
それで親に家には帰ってくるなと言われ、帰れない状態になっている」と話す。

「家族と仲悪いのか」と貴之に聞かれ、「仲が悪いわけではなく、今までやってきたことが全部中途半端で、何やるにしてもちゃんとできず、しっかりやって来いと言われてる・・・実際まだやり遂げられてないから、それだけはちょっと頑張らないといけない」と雄大。

自分の問題は自覚しているようですね。貴之があとは行動だと言っているように、これからどう実践して成長していくのか、最年少の雄大の成長が楽しみです。

安未のスッピンで雄大はしゃぐ

雄大、至恩がプレールームでくつろいでいるところに、みずきと安未が合流。安未のスッピンをみて雄大が「スッピン。スッピン・・・あー、ハハハ・・・」とテンションアップ。

「スッピンまじブスって言ってたけどそんなに変わんねえ。・・・何か超ディスりたかったけど・・・めっちゃブスなの期待してたけど何だよ」と雄大。「かわいいじゃないかよ」と至恩に言われ、「かわいいとは言わないよね」と雄大。

みずきに「何なの、それ?」といわれ、「プライド・・・だって何かウザいもん」と雄大。至恩に「それってかわいいと言ってるのと一緒だよ」と言われて、「いや、違う違う違う!」と全否定する雄大。安未は何も言わず冷めてみてる感じ?!でも「ありがとう」と一言。対照的な雄大と安未。

みずきの夢

翌朝、みずきはリビングのテーブルでPCに向かい、仕事をしていた。そこへ至恩が起きてくる。韓国の化粧品の新作の記事を書いており、日本人向けに韓国の芸能人のメイク法を解説しているという。

「やり手だね」と至恩に言われて、「将来下着のブランドをやりたくて、韓国の下着のブランドや、ショッピングモールを見て参考にしている」と話すみずき。

みずきは、しっかりとした夢に向かって着実に今できることをやっていますね。キャリアを積んでいるみずきの、恋愛感もたのしみ。

4人でランチタイム

雄大、至恩、みずき、安未の4人で、軽井沢の生パスタを食べたいという、雄大の希望でランチを食べに行く。安未が「年下の女の子がいなくてよかった・・。苦手」と言うと、みずきも「甘え上手なところはすごくある」とフォロー。

そこへ突然、雄大が安未のことを「俺、結構パシってるから・・・洗い物やっといてみたいな」と言うと、安未が「料理できないから、洗っとこうと思って」と意外と素直なのかも。

「明日(安未に)料理作ってもらうから楽しみにしといて・・・レシピだけ書いて座ってようと思って」と雄大が言うと、安至が「ヤバ!」と一言。
至恩に「ハードル高いね、スパルタだね・・・優しく教えてやれよ」と言われ、「優しくね、OK」と雄大も素直に答える。

その後、生パスタを食べながら、至恩とみずきの会話で「ベーコン食べる?」「じゃあもらう」とみずき。そして、安未と雄大の会話は、「きのこは?」という安未に、「アーンして!」という雄大。「無理」とあっさり断られる始末ww

雄大は、甘え上手なのか?お子ちゃまなのか?安未は何て心の中でつぶやいたのでしょうか?微妙な表情をしていましたねー。

テラスハウスでの夜 それぞれの部屋で・・・

男子部屋にて

貴之が仕事を終えて帰ってくると、ランチでの様子を話す3人。至恩は、「雄大が安未にアタックしているように見えた」と言うと、

「ちょっと動いてみようかと思って、2人で昼飯作ろうと持ち掛けた・・・レシピ書いてこれ作ってくれっていう感じで、2人になるからちょっと誘ってみようかと思っている」と雄大が話す。

ニヤニヤしている貴之。「朝見たらしっかり、パンダ抱いて寝てたよ。さやかか、ゆかりか知らないけど」((笑)と、朝の雄大の様子と今のアタックの様子が、アンバランスだったのでしょうかねぇ。貴之にしてみれば・・・

女子部屋にて

みずきが「雄大とすごいいがみ合ってんのか、仲いいのか?」と言うと、

安未は「何かわかんない、彼なりのコミュニケーションの取り方なのか・・・イガイガ?イガイガされるのが初めてというか・・・上から来られるというか、明日のお昼も、俺がレシピ考えるからお前作れよ、みたいな感じで・・・一緒に作ろうという感じじゃないのでわからない・・・」と言う。

普通、あんな言い方をされると、嫌な気分になると思いきや、そうではないという安未。今までに出会ったことのないタイプなのかも…。この2人の関係も目が離せません。

至恩とつば冴

翌日の朝、至恩がコーヒー豆をひいているところに、つば冴が起きてくる。早起き継続中の至恩が「コーヒー飲む?」と言うと、「甘いのなら飲める」とつば冴。「つーちゃんってあんまりいないけど、帰ってくるといつも、いたというみたい」と至恩。

「まだ気を張っていて、今も緊張している」と言うつば冴。「何かしたいことないの?」と聞く至恩に「お出かけしたい、遠出、何かあるかな?」とつば冴。「草津温泉の足湯に行こう」と誘う至恩に、「足湯ね、最高!」とつば冴。

この2人の会話は、自然と心温まる感じがしてほのぼのとします。テラハ史上ナンバーワン素朴ガールのつば冴を見ているとほっこりしあますね。一気に2人の距離が近づくのかな?

雄大の料理教室で安未との距離は?

AM11;30 起きてきた安未の洋服を見て、フラミンゴだと連発する雄大。「全部準備したから」という雄大に、「ほんとに全部やるの?」と不安げな安未。

観念して玉ねぎの切り方を聞く安未。「半割して中の芯とって・・・ちゃんと半割できた?OK・・・均一にしないと火の通りが変わっちゃうから・・・こうするんじゃなくて押す、そうするとスパッと切れるから」と任せたと言いながらも、包丁の使い方を安未の手を取って優しく教える雄大。

「肉って普通に切れるの?」と聞く安未に、「皮下にして切る。押し切りで大丈夫」と雄大。
卵を入れる時にも「1分ね」とくぎを刺し、「ちゃんと会話して、食材と」と言う雄大に「ちゃんと、おいしくなってくださいみたいな?」と笑いながら安未。

料理する時の雄大は、安未には先生としてちょっぴり頼もしく映ったのではないでしょうか?

すかさず休みを聞いて、2人で出かけようと誘う雄大。雄大は遠出をしたいようでしたが、安未は自分が運転することにもなるし、近くでいいと言う。「OK、じゃあ考えとく」と言う雄大。

2人の近場デートは実現するのかな?展開が楽しみ!

テラスハウス軽井沢第2話の感想

雄大のベビーフェイスから繰り出される、安未に対する上から目線の言動のギャップが面白かったです!安未の反応は微妙でしたね…。絶対に苦手なタイプかな~と思うんだけど。

安未と大学友人の会話は、バッサリ相手を切っていくところがいい。毎回出てほしいな笑笑。

「安未は本当の安未でない」と言ってますね。本当の安未見てみたいです!

至恩とつば冴は見ていて心がほっこりする。プロスポーツ選手として、成長したいと思って悩んでいるつば冴。足湯いくのかな?

テラスハウス軽井沢編の第2話、面白かったです♪次週も楽しみです。

テラスハウスの動画を無料で見られる方法を書いています♪あいのりも見れますよ^^
 ↓↓↓
テラスハウス軽井沢編を無料で見る方法を書いています♪